遺品整理とは?

遺品整理という言葉を聞いたことありますか?故人の私物を整理する場合、遺品整理業者にお願いするととても助かります。 - 遺産整理について考えてみよう!

新着情報

▶2016/04/14
遺産整理について考えてみよう!の情報を更新しました。
▶2016/04/14
見落としがちな遺品整理の情報を更新しました。
▶2016/04/14
誰にも必ずやってくる遺品整理の情報を更新しました。
▶2016/04/12
運営者情報の情報を更新しました。
▶2016/04/12
遺品整理と向き合うの情報を更新しました。

遺産整理について考えてみよう!

遺品整理とは皆さんがご存知の通り、故人が残したもの(品、遺品)を整理することを指します。
別の言い方をすると、遺品処分や遺品処理とも言ったりします。

なぜ遺品整理をするのか

遺品は遺産の中でも動産(日本の民法上、不動産以外の物を指します)などの物品全般を指します。
故人が生前に利用・使用していた生活雑貨類(家具・家電製品・衣類など)のような財産価値の低いものも含まれます。
遺族で形見分けをする場合、葬儀や法事が終わってから遺品整理や処分にかかることが多いと思われます。
借家や賃貸マンションやアパートなどの賃貸住宅などの場合は明け渡さなければならない為、葬儀などの後に急いで処理することが多いようです。
預金通帳などのようなものは、1~2年ほどは必要になることもあるでしょうから保管します。
不要になった家具などは福祉施設に贈与、書籍などに関しては各地域の図書館や学校に寄贈するケースもよくあります。
それでも、引き取り手がいなかったり、処分できないというものもあるでしょう。

遺品整理業者が増えているわけとは

少子高齢化が進み核家族化の形態になっていることも多く、孤独死されてしまう老人が社会問題化しています。
生活用品などが大量に残されたままで住人が亡くなってしまった場合、遺品の整理や廃棄は遺族が負担するケースが主であり、遺品整理業を行う事業者に依頼することも多くなってきているんだそうです。

遺族でトラブルが起こらないようにするために

cfrhtrtyjtj
遺品をゴミとして処分することに抵抗がある遺族も少なくなく、特に持ち家だった場合、遺族が不動産税を支払い続けることも多い為、地方都市や、農村部、古い住宅街なんかでは、無人となった家が目立つようになってきています。
人の住まない家というのは、痛みが進行しやすいため整理業者に処分を依頼することも増えてきているようです。
遺産整理にあたり、何が正解で何が不正解ということはありません。
遺産相続した遺族が処分しようとしても周りの遺族が反対することも少なくなく、口論やいがみ合いになることもしばしば見受けられます。
ただ、いつまでも悲しんでいたり、故人の生前のままにしておくということは往生に差し支えることにもなります。
役目を終えた品をきちんと片付けてこそ区切りをつけられるということもあります。
そのまま残しておくのも、きちんと整理するのも個人個人によって考えも違うかもしれませんが、何もせず放置状態にしておくのが1番良くないことだと思います。
形見として残すにしても、整理するにしても、きちんと整理してあげることが故人のためにもなると考えます。
■遺品整理業者をお探しなら遺品整理110番|1R40,000円から経験豊富なプロが対応致します!

Copyright(C)2016 遺品整理とは? All Rights Reserved.